Post

【周波数的観点から】iPhone 6s/6s Plus、発売一週間前、これまでにわかっている事、まとめ。

【周波数的観点から】iPhone 6s/6s Plus、発売一週間前、これまでにわかっている事、まとめ。


あと1週間で発売される新iPhone 6s/6s Plusに関して、公式・非公式に報道または呟かれている情報を基に、周波数の観点からこれまでにわかっていることを、もう一度整理してまとめます。

1.日本のモデルは3キャリア(ドコモ、ソフトバンク、KDDI au)とも、iPhone 6s A1688 CDMA/6s Plus A1687 CDMAである。

2.日本のアップルストアは、初日から日本版SIMフリー版iPhone6s A1688 CDMA/6s Plus A1687 CDMAを販売開始する。
ただし、日本発売モデルは(将来脱獄可能になって、そのときに脱獄アプリをインストールしない限り)カメラのシャッター音は消せない。

3.アメリカのVerizonとSprintは、日本と同じiPhone 6s A1688 CDMA/6s Plus A1687 CDMAである。
4.iPhone6s A1688 CDMA/6s Plus A1687 CDMAを含むVerizonのLTE対応端末は、どんな買い方をしても、SIMフリーである。

5.Sprint版は昨年から「デバイスオンリー」で定価で買うと、SIMフリーになったことがわかった。

6.Sprint版は昨年までアメリカ国内SIMロックであったが、2015年2月11日からのアメリカ業界自主SIMロック解除方針適用により、アメリカ国内のSIMロックも条件次第で解除することを表明している。
よって、今年のSprint版「デバイスオンリー」定価購入モデルは、アメリカ国内SIMも含めて完全SIMフリーであることが期待される。

7.T-Mobile US版はiPhone6s A1688/6s Plus A1687で、購入手順を進めると、商品名に「GSM」という記載が表示されるが、同じく2015年2月11日からのアメリカ業界自主SIMロック解除方針適用、および、「iPhone6s/6s Plusに不満があれば、無料でSIMロック解除を行い、他社で使えるようにする。」とLifetime Coverage 
Guaranteeの約束(保証)していることから、AT&Tのみならず、Verizonでも使用できるCDMA版である可能性は高いと思われる。

8.AT&T版はiPhone6s A1633 CDMA/6s Plus A1634 CDMAで、他のモデルとの違いはFD-LTE Band 30が一つ多いだけで、このバンドは現在AT&Tのみが使用しており、かつ、導入もまだ始まったばかりで使える地域は少ないので、アメリカ国外のユーザーは無視して良い。
AT&Tは他にBand 17、4、2、5も使用している。Band 17 がメイン。よって、Band 30が無くても通常の使用には不都合は無い。

9.現時点で、アメリカのアップルストアでは契約無しで購入できるのは、T-Mobile US版だけである。(これを買うリスクは、T-Mobile US版がA1688 CDMA/A1687 CDMAかA1688 GSM/A1687 GSMかが、現段階ではわからない、ということ。)

10.Best Buyは今年からアップルケアも提供し、iPhoneの契約無し購入が出来る。
4キャリア版全てが、BestBuyで契約無し購入が可能。ただし、Best Buyにとってはこれがこれまで初めての事なので、定価で購入したらSIMフリーかどうか、また、アメリカ外からの注文は出荷直前に発注がキャンセルされないかどうか、など、まったく未知数。

SIMロック版であれば、あとでキャリアに連絡してSIMロック解除は解けると思うが、キャリアと既存のアカウントが無い人がリクエストできるかどうかは、未知数。(筆者未確認ではあるが、通常、AT&T、Sprint、T-Mobile USのキャリアストアで購入したiPhoneは定価であってもSIMロックされていて、購入後にキャリアにSIMロック解除のリクエストを出さないといけない、と言われている。)

11.アメリカのアップルストアで定価で購入するiPhoneは、どのキャリア版もSIMフリーのはず。

12.アメリカのアップルストアで分割で購入できるiPhone Upgrade Program(毎年新しいiPhoneにアップグレード可能)は、分割購入でもSIMフリー版で、4キャリアどことでも契約できる。
キャリアの変更もいつでも可能。
ただし、アップルストア店舗でアメリカの与信審査にパスしないといけない。
このモデルは「4社どことでも契約可能」なので、AT&T版と同じA1633 CDMA/A1634 CDMAになると期待したい。

13.例年、11月の感謝祭後にアメリカの公式SIMフリー版が契約無しで販売開始される。
今年1月から(アメリカ業界自主SIMロック解除方針適用を受けて)、アメリカ公式SIMフリー版は4キャリアどことでも契約できるモデルなので、AT&T版と同じA1633 CDMA/A1634 CDMAになると期待したい。

14.香港版はiPhone6s A1688/6s Plus A1687のはずだが、昨年は当初CDMA通信は不能にされていた。
その後、中国でのiPhone販売が決定し、中国にはCDMAキャリアもあることから、中国本土との行き来の頻繁な香港版は、後期はCDMA版iPhone6/6 plusになったようだ。
iPhone6s/6s Plusでは香港版はA1688 CDMA/A1687 CDMA版と期待したいが、昨年の状況を振り返ると、安心できない。

15.もし、本当にA1688/A1687にCDMA版とGSM版の2つがあるなら、欧州版はA1688 GSM/A1687 GSM版であろう。
GSM版ではKDDI auとそのMVNO(mineo au用SIM)とは契約できない。
GSM版だとソフトバンクのアメリカ放題で、アメリカでSprint回線に接続することが出来ない。

16.技適マークの観点からでは、
 - A1633/A1634は、技適マーク無し、
 - A1688 GSM/A1687 GSMは、技適マークの存在は不明(両方の可能性あり)、
 - A1688 CDMA/A1687 CDMA、技適マーク有り
 - A1700/A1699(中国モデル)、技適マーク無し
であろう。

17.iPhoneのLTEリストページで英語以外のページ(言語を英語以外に変更)で表示されている「A1638」モデルの表示は、「A1688」の誤植と思われる。

18.アメリカFCCを検査通過したiPhone 6sのモデル番号は、A1633、A1688、A1691、A1700である。
iPhone6s Plusのモデル番号は、A1634、A1687、A1690、A1699である

私見ー

これから、どんどんオークションでも海外版が出てきますが、特にアメリカ版は国内SIMフリーというものもありますので、完全にキャリアからアンロックされているかの確認が必要。
SIMロック状況
上記でIMEIを入力し確認することが肝心です。
SIMの欄がlockedになっていれば要注意。

いろいろトラブルも絶えない個人売買
自分で確認することが回避への元ですね。

本文 via アメリカより


Comment

Leave a comment