Post

フィリピンで温泉に行こう!

フィリピンで温泉に行こう!

フィリピンと温泉のイメージは容易には結びつきませんが、実はフィリピンは世界でも有数の火山国で、活火山の数でいうとアメリカ、インドネシアに続いての、世界第三位の日本に次いで第四位になっており、それだけ温泉も多く噴出するということになり、国内各地に温泉がみられます。

「シティ・オブ・スプリング」の露天風呂。
ラグナ湖(バエ湖)が見渡せる。

*****************************************************

特に、今日ご紹介するマニラ近郊の「ラグナ湖」の畔のロス・バーニョスという街は、神話で有名な休火山のマキリン山の麓に位置していて、幹線となっている国道沿いには多くの温泉ホテルが軒を並べ、人気の温泉郷となっています。

数々の神話で彩られた、「神秘の山」マキリン山。人々に恩恵をもたらす女神「ディワータ」が住むとの伝説があり、その神話は近年テレビ番組で連続ドラマ化された程、人気がある。
ただ、フィリピンは熱帯で一年中高温のせいか、熱い温泉水につかるという習慣がないので大概の温泉ホテルの風呂は低い温度に設定されていて、日本人からすると「日向水?」というような所が多いのですが、今日ご紹介する「シティ・オブ・スプリング」は、その温泉水も日本人にとっても、「ちょっとヌルめ」程度には設定されていて、長湯に持ってこいの温泉となっています。
「シティ・オブ・スプリング」

シティ・オブ・スプリングのエントランス。

このホテルの特徴は部屋の内風呂が非常に広いことで、深さも結構あって、浮輪があればプカプカ浮いていることも出来ます。この広い内風呂を持つ部屋は別に特別室という訳ではなく、一泊四千円位の部屋で楽しめます。
〈引用 地球の歩き方

Comment

Leave a comment