親父の持論総論水掛論

賢者と愚か者のひとり言

あけまして、、