賢者と愚か者のひとり言